FC2ブログ
  1. Top » 
  2. その他
アクセスランキング
▼リンクするだけで参加▼

突撃!合戦スタジアム

突撃!合戦スタジアムは、史実を元にデフォルメされた愛くるしい戦国武将たちを指揮し、敵を討ち取る戦国わらわら合戦アクションゲームです。 「敵の本陣を破壊する」もしくは「敵武将を一定数倒す」と勝利といったシンプルなゲームルール、1戦5分程度の手軽さ、低スペックのパソコンでもプレイ可能な動作環境、マウスによる直感的な操作で誰でも気軽に楽しむことができます。
武将は合戦を通じて育成したり、刀や兜を装備させてカスタマイズを行うことができるほか、お気に入りの武将を集めてオリジナルの軍を作ったりといった楽しみ方もできるのですが、武将はすべてカード化されており、デッキを構成して自軍を編成して対戦するカードシミュレーションゲームの要素が楽しめます。
スポンサーサイト



Catch The Sky 地球SOS

Catch The Sky 地球 CTS(CatchTheSky)はWTRPGという、 ちょっと聞きなれない一風変わったオンラインゲームです。 WTRPGとは、プレイヤーの分身となるキャラクターの活躍が、 小説形式の文章になるゲームです。 普通のRPGでは画面上に現れるいくつかの選択肢の中から行動を選びなが らストーリーが進んでいき、戦闘などのイベントが発生しますが、 WTRPGの場合、文章によって指示を出せるようになっており、 キャラクターの行動はより自由でバラエティに富んだものとなります。 さすがに全てに対応できるというものではありませんが、 それでも自由度は高いです。
また、キャラクターをあなただけの存在にカスタマイズし、 その活躍をビジュアル的に表現することができます。    これはオーダーメイドCOMというシステムで、 あなたのキャラクターをプロのクリエーター達が、 イラストをはじめとして音声・音楽などに表現してくれるので、 本当にオリジナルのキャラクターで楽しむことができます。 他にも定期的に開催されるリアルタイムイベントでは、 普段のシナリオとは比較にならない人数の仲間達が一堂に会し、 様々な形のイベントに参加しながら交流することができます。 基本プレイ料金は無料で楽しめることができますが、 登録の際はフリーメールが使用できないようになっております。

舵天照

舵天照とは、独自の文化的発展を遂げた世界をモチーフにした和風ファンタジーWebトークゲーム(WTRPG)です。 ゲームにアクセスすることで、数百数千のキャラクターと、あなたは同じ世界で冒険することができ、キャラクターの行動は原則プロのライターが書いた文章において表現され、あなたがキャラクターを動かす際も、同じく文章によって行動を指定していくことになります。
オンラインゲームで、キャラクターの自由度が低いと感じたことはありませんか? 舵天照は行動のほぼすべてをライトノベルで表現しているからこそ、ほぼ無限に近い自由度を保持しており、通常のオンラインゲームでは実現不可能な「キャラクターに特化した」表現が可能となっているのです。

不思議なピクミー

不思議なピクミーは、かわいい妖精である「ピクミー」と一緒におしゃれ着せ替えや、友達作りを楽しめるアバター育成ゲームです。 ピクミーは成長していくことで言葉を覚え、歌を歌うようになるのですが、その成長方法というのが特徴的で、マイページにある検索窓にキーワード(検索したい言葉)を入力して検索をして、検索をすればするほど、ピクミーがたくさんの言葉を覚えていくことになります。
無料育成ゲーム型コミュニティ「不思議なピクミー」で、あなただけの妖精とあそぼう! ほのぼのかわいい、ユニミー、ウサミー、リスミー、3種類から好きなキャラクターを選び、マイページからウェブ検索をすると、ピクミーが検索した言葉を覚えて、オリジナルの歌を歌います。 歌のシーンでは、とってもかわいい衣装にチェンジするほか、ピクミーが歌うと、「ピクツリー」という不思議な木が成長します!

ドラゴンクルセイド

ドラゴンクルセイドはOSやスペックなどにとらわれずネット環境さえあれば誰でも楽しめるブラウザゲームです。プレイヤーは城を発展させながら英雄で狩りを行い、金貨を集めそれをまた城の発展に使う。 そしてプレイヤー同士の戦争や、ギルド戦争に向けて戦力を温存します。
戦争なんてしたくない・・・・そんな人は戦力を貯めるだけ貯めて戦争に参加せず専守防衛に力を注いでもいいでしょう。一日5分からでも遊べるドラゴンクルセイドで遊びませんか?慣れてくると楽しいゲームですよ。 Mac、ネットブック、「iPhone」で遊べる、ブラウザで遊べる オンラインシミュレーションRPG「ドラゴンクルセイド」是非体験をしてみてください

Page Top

リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード